飲食店バイトが「キツイ」「ツライ」と言われている理由とは?

キャリア・アルバイト

飲食店のバイトって何がきついんだろう
逆に
楽しいところってないのかな


こういった疑問に答えます

✔本記事の内容

飲食店バイトが「きつい」と言われている理由
飲食店バイトの楽しいところ


私は現在
サラリーマンとして働いています。
学生時代に経験したアルバイトは

12個です。

そのなかで、
飲食店のアルバイトは2個ありました。

チェーン店の牛丼屋、高級個室居酒屋です。
期間は2つ合わせて約2年間です。

またこの記事では、
飲食店に大学1年生から4年生まで勤めた、
飲食店バイトのプロにも話を聞いてきました。


私は東京・新宿の飲食店
4年間勤務していました。

キッチンもホールもできますが、

メインはホールです。
4年生の時はバイトリーダーをやっていました。

飲食店バイトは正直キツイと思いますが、

楽しいところももちろんあります!

4年間同じ飲食店で勤務し続けた私も、

飲食店バイトについて語っていきます!


1.飲食店バイトがきついと言われる理由

飲食店バイトがなぜきついと言われているのか。
その理由をご紹介します。

①忙しい

飲食店はものすごく忙しい時間と暇な時間があります。
忙しいというのは、お客さんがたくさん来店し、注文が立て続けに入る状態です。

ホール「注文取り」「料理運び」「片づけ」「会計」などを行い、キッチン「料理」「洗い物」をします。

忙しい故にミスが起こりやすいです。
例えば、ホールであれば「注文の取り間違い」、キッチンであれば「調理順序ミス」などです。

居酒屋をはじめとした集中的にお客さんが来る飲食店では、2~3時間は全く休める気配がない状態が続きます。


②よく怒られる

忙しいとやはりミスが起きます。
自分のミスだけでなく仲間のミスも含めると、1日1回ミスが起きることは普通です。

ミスが起きると怒られます。
お客様から怒られることもあれば、先輩や社員に怒られることもあります。

忙しいが故に店員はピリピリしています。
のんびり・ゆったりとした雰囲気の繁忙時間はありません。
繁忙時間帯以外はのんびりしています。


③帰りが遅い(居酒屋の場合)

居酒屋は基本10時以降もあいていることがほとんどのため、帰宅時間が遅くなります。

中には12時閉店の店もあり、
その場合、帰宅は12時半くらいになることがあります。

「閉店時間=帰宅時間」とならないのが飲食店のアルバイトです。

お客さんが帰宅した後、
店の清掃・点検事項・着替えなどがあるため、
閉店時間の30分~1時間後に帰れるものだと思っておきましょう。

店締めの時間は求人情報を見たりや面接で聞いたりして自分で把握しておくことが重要です。


④掃除が大変

どんな飲食店でも掃除業務は必ずあります。
この掃除業務は地味なのですが、意外とキツイ点なのです。

クサい生ごみを捨てたりトイレの掃除をしたり、最悪の場合は人の嘔吐物の処理もあります。

「慣れれば楽」という話がありますが、
慣れるまでが大変です。

慣れるまでは「なんでこんな仕事しているんだろう」とむなしくなる時があります。


⑤覚えることが多い

飲食店バイトは覚えることが多く、
かつメモを取ってもメモを見ながら働くことが難しいバイトです。

ホール
メニュー・席番号・レジ・マナーがあり、
キッチン
調理方法・ドリンクの作り方・どこになにがあるかなどです。

これらをメモを見ずに覚えることになるため、
「飲食店バイトは大変だ」と言われます。

ただ、そこで働いている先輩や社員も覚える苦労の道は必ず通っているため、ほとんどの人が優しく教えてくれるでしょう。


私は、忙しい時間が辛かったですね。

忙しいときは、店員みんながピリピリしてます。
私も何度も注文の取り間違いや、

料理を運ぶの席を間違えたことがありました。


私は帰りが遅いことが辛かったです。

日によっては

終電を逃しそうになることもありました。
家に帰ると、眠気とやらなければいけないことの葛藤があり、もう少し早く帰りたいなとはいつも思っていました。


2.飲食店バイトの楽しいところ

飲食店のアルバイトにも楽しい!と感じる時があります。
ほかのアルバイトでもあるような点だけでなく、飲食店ならではの点も紹介していきます。


①仲間と仲良くなれる

飲食店バイトをしている人のほとんどが週3~4日で働いています。

多い人だと、○○連勤する人もいます。
そのため、バイト同士での仲が深まります。

同世代(10代~20代)のバイトが多くお店が休みの日には一緒に遊びに行ったり、店長主催のイベントに参加したりして、楽しい思い出が作れます。

学校やサークル・クラブ以外にもコミュニティができる点は飲食店バイトならではの良いポイントです。


②まかない飯がうまい

店に拠りますが、まかない飯が豪華なお店があります。

実際にメニューとして出ているものや、
キッチンの人が作るこだわり料理など、
おいしい料理を食べられます。

実家暮らしの人、
一人暮らしの人関係なく、
飲食店バイトがやめられないと思う点でしょう。

③お客さんからの「ごちそうさま」が嬉しい

良いお客さんに恵まれたときほど、
嬉しいものはありません。

お客さんの中には、
目を見て「おいしかったです!ごちそうさまでした!」と言ってくれる人がいます。

この嬉しさを味わうと、「もっと頑張ろう!」と思えてきて、さらに飲食店バイトが楽しいものに変わっていきます


④繁忙時間が過ぎたときの達成感がある

上記でも述べましたが、
飲食店バイトの繁忙時間帯は異常なほど忙しいです。
時計を見る時間は全くありません。

ですが、繁忙時間が終わった際の達成感はものすごいです。
仲間との「お疲れ様」の一声がまるでチームスポーツで勝ったかのように感じます。

⑤暇な時のおしゃべりタイムがある

飲食店バイトはお客さんがこないとほとんど仕事がありません。

そのため、お客さんがあまり来ない時間帯(16:00~17:30頃)はバイト同士でおしゃべりします。

恋愛トークや趣味の話、学校やサークルの話など、同年代の人たちと楽しく時間を潰せます。

3.飲食店バイトのその他の良い点

飲食店バイトでは、「楽しい!」とはならずとも、
他の多くのアルバイトと比べて優れた点も多数あります。

①シフトに入りやすい

シフトにはたくさん入れます。
なぜなら多くの飲食店では、スタッフが足りていないからです。

スタッフが多すぎる場合削られることがありますが、
希望シフトを出せばそのシフトは入るのが基本です。

週5日で入っている人も普通にいるので、「稼ぎたい!」という人には良いでしょう。

②自分が客になった時、優しくなれる

飲食店バイトをやっていると
自分が飲食店の客になった際に
店員に優しくなることができます。

特に繁忙時間帯のときは、
店員の様子をうかがいながら注文したり、
ミスをしても怒らないようになったりします。

③稼げる

「シフトに入りやすい」という特徴がある上に、時給が低くありません。

飲食店では常に人が足りてないところが多い上に、
求人を出している店が多いため、
時給を低く設定してしまうと他の飲食店にバイトが流れてしまいます。

時給1,000円の店と時給1,100円の店なら、時給1,100円のほうに流れてしまう人が多いでしょう。

そのため、時給を安くできないので「稼げる」のです。

④食費が浮く

飲食店バイトの一番の特徴といってもいいでしょう「まかない飯」があることによって食費が浮きます。

一人暮らしの大学生や食費を自分で賄っている人は、飲食店バイトのシフトに入るだけで一食分(500円くらい)の節約になります。

週に4回シフトに入る場合、月に500円×4回×4週=8,000円の節約になります。かなり大きいです。

⑤髪色髪型・ピアスが自由

レストランや高級居酒屋といったところ以外の飲食店の多くは、バイトの髪色髪型やピアスに関して指定を設けていないところが多いです。

「奇抜すぎる髪(赤髪・青髪等)でなければ大丈夫」という店が多いです。
また、ピアスも勤務中にしていなければ大丈夫な店が多いです。

自分が求人に応募する際、求人情報を見てチェックしましょう。

4.飲食店の求人情報

マッハバイト

バイトが決まると、
決まった人全員に

最大1万円のボーナスが出る求人サイト(アプリ)

さらにボーナス増額タイム中はボーナス分が増額されるという最高のサイト(アプリ)です。


この「祝い金」は、
最短で翌日に受け取ることができます。

「安全なアプリなの?」
と心配になるかもしれませんが大丈夫です。
マッハバイトを運営している会社は
「リブセンス」という
東証一部に上場している会社です。
ですので怪しい会社ではありません。

“マッハバイト”でアルバイト情報を探す

ペコリッチ

ペコリッチとは、
3000件以上の都内飲食店アルバイト求人を掲載しているアルバイト求人サイトです。そのため一都三県の方であれば、この求人サイトを活用することができます。


【1】失敗しないバイト探し
充実した情報と無料で食事ができる下見予約ができる求人があり、失敗しないバイト探しをテーマにしています。サポートデスクの担当オペレーターが応募者の希望条件をヒアリングをしてくれて、希望以上の仕事の紹介をしてくれます。


【2】バイト探しで得しちゃう
バイト探しでインセンティブがもらえる「お祝い金」は採用されてから15日経過で、誰でも貰えます。


【3】友達紹介やSNS投稿で5000円の紹介ボーナスゲット
バイト探し中のお友達と一緒にインセンティブがもらえる紹介ボーナスは、 紹介を受けた方は採用された際のお祝い金が増額2000円、 紹介をした方は5000円の紹介ボーナスがもらえます。


【4】注目ポイント
各求人で働くと得られる知識やスキル、ボーナスなど、お店ごとの独自の働く魅力をまとめております。 中には毎月10万円ボーナスがもらえるなど、びっくりするようなものもあります。

タダ飯食べて、バイトを決めてお祝い金ゲット!「ペコリッチ」

タイトルとURLをコピーしました