「Audible」無料体験期間の後、やめられない結果に【感想付き】

audible


Audible(オーディブル)って無料で本がもらえると聞いたことあるけど本当に良いのかな

デメリットや解約方法も知ったうえで無料登録したいな




本記事では作者である僕のAudibleを体験した感想を交えながら、Audibleの無料体験の内容メリット・デメリット、また解約方法まで解説していきます。

Audibleについて聞いたことはあるけど、本当に無料か
ちゃんと辞められるのかなど、登録前に知っておきたいことをお伝えします。




本記事の内容

Audibleの感想
Audible無料体験の内容
Audibleのメリット・デメリット
Audibleの解約方法



まずAudibleオーディブル)とは、Amazonが提供する音声型ブックサービスです。

本の内容を「何かしながら」聞くことができるため、
「時間がない人」
「面倒くさがり人」
「普段本を読まない人」

にはピッタリなサービスです。

Audibleには約40万冊が登録されており、音声型ブックサービスのなかでも最高クラスの配信数を誇っています。

今だと無料で2冊GET!
解約したも聴ける!



この記事を書いている僕は、
以下の理由でAudibleを登録しました。

「無料で1冊もらえるから」
「辞めてもその本はずっと残るらしいから」


無料登録しない手はないと思い登録し、

途中でやめようと考えていましたが、
実は現在でもやめられていません。



その理由も含めてお伝えしていきます。


1.Audible無料体験期間が終わっても、やめられなくなった



①Audible無料体験期間後、やめられなくなった理由


結論
「時間がなく」「面倒くさがり」な自分にピッタリだと感じた
⇒そのまま継続してしまった



下の画像が、僕の今(2020年10月)のAudibleの中身です。

月に1冊コンスタントに買っているので、合計で7冊です。これに加え、プレゼント企画や聞き放題のコーナーもあります。




Audibleを登録した瞬間は、そんなに期待してませんでした。


「そこまで大した本はないだろうな」
「ま、無料で1冊もらってやめよう」
と思っていました。


ではなぜ登録し続けているのか、コンスタントに月々本を買っているのかというと、それは以下の理由です。



②Audible(オーディブル)を無料体験の感想


時間が無くても本が読めた
本を持たなくても本を読めた
ナレーターのレベルが高すぎた
意外と本の種類があった




今までの僕の読書は、
本屋に行って本を買って、
通勤中の電車の中で読むことでした。


なので読書家と言われるほど全然読んでいません。
平均1日に15分くらいです。

なので全然前に進まないので途中で飽きて「もう飽きた」となっていました。

ところがAudibleを使うと、
本屋に行く必要もなく、
また本を持ち歩く必要もなく、
普段の生活にイヤホンをつけるだけで、自分から文字を読まなくてもナレーターが読んでくれるので勝手に頭にストーリーが入ってきます。

なのでものすごく楽に読書ができました。




結果、「最高だ!」となってしまい、
無料登録でやめるはずが今も使ってしまっているのです。




【本1冊タダ!】Audible(オーディブル)でボイスブックサービスを無料体験!



今だと無料で2冊GET!
解約したも聴ける!




2.Audible無料体験の内容


松坂桃李 小説「サラバ!」オーディオブック版を朗読 「とっても重たい石を投げられたような衝撃」


Audibleまとめ

・月額1500円で1コイン付与
・その1コインで1冊ダウンロードできる

・登録後すぐ、まずは無料で1コインをもらえる
・登録から31日目で追加1コインに1500円支払われる
・30日以内に会員を退会すると、最初の1コインでダウンロードした本だけがスマホに残る

=本1冊無料でもらえるということ




①オーディブルの仕組み・料金


Audibleの料金プランは、月額1500円のみです。

月々1500円支払うことでコイン毎月1コインが会員に付与されます。

この1コインはどんな価格帯の本でも、Audibleに登録されている本であればどんな本とでも引き換え可能です。

例えば、1500円で1コインが付与され、そのコインで3000円の本をダウンロードしても、残りの1500円は払わなくて良いのです。逆に1コインで500円の本をダウンロードしても1000円が返ってくるわけではありません。


そして、このコインはその月に使わなくても次の月に繰り越されますので、焦って何かを購入する必要はありません。


②無料期間は30日


Audibleの無料期間は30日です。

本来1500円支払うことで得られる1コインを登録時に無料でもらえます。

登録後、読みたい本をAudibleに配信されている約40万冊の中から選び、このコイン1枚と引き換えます。

そのため、自分の読みたい(聴きたい)本を1冊まるごと無料で読める(聴ける)のです。


30日以内に解約すれば、お金は一切発生しません。

さらに無料でもらえた1コインでダウンロードした本は、解約してもそのまま自分のAmazonの中に入っています。


Audibleの解約というのは、「月額1500円で付与される1コインをもらわなくなること」です。つまり、30日以内に解約すると月額の1500円分がそのままもらえたことと同じなのです。



③31日目に料金発生

料金(1500円)が発生するのは登録から31日後です。

もし1月1日にオーディブル(Audible)に登録した場合、料金が発生するのは1月31日です。

オーディブルを始める際に登録されたクレジットカードから1500円が引かれ、1コインが自分に付与されます。

その1コインで新しい本をダウンロードできます。



今だと無料で2冊GET!
解約したも聴ける!



3.Audibleのメリット・デメリット


①Audibleの5つのメリット


一度購入した本は解約後も聴ける

1度自分のものになった本は、Audibleを解約しても聴くことができます。Audibleの解約というのは、「月額1500円で付与される1コインをもらわなくなること」です。なので、解約しても自分の本は残り続けます。

ナレーターはプロか著者本人。心地の良い声で聴ける

本を読んでくれるのは、プロの声優や著者自身です。

つまり、「人」が読むので非常に心地が良いです。

聞いていてストレスを感じません。機械とは違い、自然な抑揚があるため、イヤホンで聞いていると非常に聴きやすいです。


この記事の作者である僕は、寝る前のリラックスためにもAudibleを使うことがあります。


オフラインで聴ける

購入した本をダウンロードすると、オフラインで再生できます。

通信制限が気になる方でもWi-Fi環境下でダウンロードして、機内モードのまま本の朗読を聞くことができます。

ダウンロードのやり方は超簡単です。
購入した本を聴く際、その本を画面上でタップすれば自動でダウンロードが行われます。


365日以内であれば返品できる

Audibleの会員であれば購入後、365日以内であれば、本の返品ができます。

この制度ですと、「購入⇒聴く⇒返品する⇒1コイン返却される⇒その1コインで購入」と実質聴き放題になるので、Audibleはこの返品行動をやりすぎているアカウントを制限することがあります。

ですので返品のし過ぎは禁物です。


追加の購入は30%OFFの値段で可能

会員だと1コイン制以外にも通常の本(Audible内)を30%引きで購入&ダウンロードできます。



②Audibleの2つのデメメリット


30日以内に解約しないと、1500円が引かれる

解約するつもりがうっかり解約し忘れてしまった場合、1500円が引かれて1コインが自動で付与されます。

31日目に気づき、返金をAmazonに願い出れば、もしかしたら返金されるかもしれません。

しかし、基本的に返金はされないと考えましょう。


聴き放題サブスクリプションではない

Audibleは月額定額制の聞き放題プランではありません。

Audibleは「音声本のオンライン書店で、1500円を支払うと引換券がもらえる」サービスです。

なので、登録すれば本を聴きまくれる!ということではないので注意しましょう

【30日で解約しても1冊GET!】Audibleで「ながら読書」


4.Audibleの解約方法

解約はアプリやスマホ専用ブラウザからはできません。
PCかPCブラウザからしか解約できません。

しかし、スマホからでもPCブラウザを表示して解約手続きをすることができますので、そのやり方を解説します。


①Audibleスマホブラウザトップページの最下部、「PCサイト」をタップ
PCブラウザを表示させます。



②サイト上部の自分の名前のところをタップして、「アカウントサービス」をタップ



「退会手続きへ進む」をタップ
 期間限定サービスがある場合は、
「○○が利用できなくなります」
「○○が有料になります」と表示が出ますが、気にせず進みます。



④「退会手続きへ」をタップ




⑤退会理由を選び次に進む



⑥「退会手続きを完了する」をタップ
 これで退会は完了です。




5.Audibleの無料体験を始める

もし、無料体験を始めるかどうか悩んでいる方がいましたら、「絶対無料体験登録したほうが良い」と僕はすすめます。

なぜなら、Audibleの無料体験ではほぼノーリスクでハイリターンを得られるからです。

無料で本を1冊もらえるという点が何よりメリットです。

僕はもっと何年も前からAudibleに出会っておけばよかったと後悔しています。

そのくらいAudibleはおススメできるサービスです。

「Audible」の無料体験を始めてみる



今だと無料で2冊GET!
解約したも聴ける!



タイトルとURLをコピーしました