【残業で時間の無いあなたに】Audible(オーディブル)の無料体験

audible


あ~毎日残業続きで忙しい!!


でも、本を読んで毎日の生活に刺激が欲しいな…


あと、読書からキャリアアップに繋げてもっと人生を良くしたい!!



こんな想いありませんか??

この記事を書いている僕は、毎日の残業が2~3時間はある営業マンです。

しかし、毎日読書2時間以上できています。


その読書のおかげでコミュニケーションが円滑になり、営業成績が上昇仕事が毎日楽しくできています。



耳で聴いて読書をするオーディオブックサービスは忙しい人にこそ利用する価値のあるものです。

そんな最高のオーディオブックサービスをAmazonが出しており、それがAudible(オーディブル)です。



本記事の内容

Audibleとは
Audibleの無料体験
Audibleの無料体験のメリットデメリット
無料体験の始め方


この記事では毎日Audible(オーディブル)で2時間は読書をしている僕が、無料体験について解説しています。


「仕事が忙しいけど、本を読んでもっと毎日の生活を良くしたい!」と思っている人だけこの先に進んでみてください。






1.Audible(オーディブル)とは




①Audible=Amazonのオーディオブック

Audible(オーディブル)とはAmazonが提供しているオーディオブックサービスです。


オーディオブックサービスとは、
プロの俳優さんや声優さんが本を朗読し、それを聴くことができるものです。

ってことは通勤時間や家事をしている時に本を読むことができるのか!


そういうことです。
作者である僕も毎日残業が続いていますが、通勤時間や入浴中、家事をしている間にオーディオブックサービスを使っているので1日2時間以上は読書できています。





②Audibleは定期購入型

Audible(オーディブル)の会員は『聴き放題サービス』ではなく1,500円を毎月支払い、Audibleに登録されているどんな本とでも交換できる引換券(=コイン)をゲットできます。



『聴き放題サービス』が良いと思う方は『audiobook.jp』というAmazonのAudible(オーディブル)とはまた別のオーディオブックサービスが良いと思います。




『聴き放題』のほうがいいじゃん…

Audible(オーディブル)だと購入なんでしょ…


おっしゃる通り、『聴き放題』もお得な点は多いです。


ただ、『聴き放題』サービスがだとその聴き放題の会員を辞めた場合、それ以降本は聴けませんが、『購入型』は途中で定期購入を辞めても、買った本はずっと自分のものとなります。


返品交換も1引換券(=コイン)につき5~6回できるのでAudible(オーディブル)も十分お得です。




2.Audible(オーディブル)の無料体験


現在Audible(オーディブル)無料体験を実施中です。


無料体験の内容を解説していきます。


①無料体験中に本1冊もらえる

Audible(オーディブル)の無料体験は、
ただの無料体験ではなく
必ず本を1冊もらえる無料体験になっています。

体験なのに本をもらえるの??


「無料体験」という言い方のほうが分かりやすいのでAmazonも使っているのですが、

実際には「最初の1冊引換券(1コイン)を、本当なら1,500円かかるところ、無料であげます!!」という内容なんです。


つまり、引換券(コイン)を無料でゲットできるので、その引換券(コイン)で購入できる本は無料で入手できるということになります!


その本もずっと自分のもの!!??


もちろんです。

無料で引換券をもらって本を買い、お金を全くかけていない状態でAudible(オーディブル)を辞めれば、『ただ無料で本を1冊ゲットできただけ』になります。


そんなの超オトクじゃん!


松坂桃李 小説「サラバ!」オーディオブック版を朗読 「とっても重たい石を投げられたような衝撃」




②無料期間30日以内に解約必須

Audible(オーディブル)の無料体験を始める際は、注意点があります。

それは必ず無料で楽しみたい場合、30日以内に解約する必要がある点です。


Audible(オーディブル)の料金発生は31日目からです。


それから30日ごとに1,500円がクレジットカードから支払われ、1コインが自分のアカウントに自動追加されます。


31日目になったら1,500円かかるのか!


なので一番手っ取り早い無料体験方法は、

Audible(オーディブル)登録

本の引換券(コイン)ゲット

本を選定

本の購入


解約

これらを一日でやってしまうことです。





③無料体験中に解約した後も自分の本は残る


ほんとうに無料体験期間中に中途解約してもいいの?

手元にもらった本は残るの?


はい、残ります
なので、好きなときにゲットした本を聴くことができます。


でも1冊しか聴けないのは物足りないな~…


もちろんそう思いますよね。
なのでAmazonのAudible(オーディブル)では返品交換制度があります。



④返品交換制度で2冊以上の本を聴ける


返品交換制度は自分の持っている本を返品して、他の本と交換できる制度です。


この制度は会員期間中しかできないので、もし無料体験期間で辞めたいと考えている場合は、30日以内に返品交換をしましょう。


何回も返品交換できるの?


上限は明確には決まっていませんが、一引換券(1コイン)あたり、5回程度と言われています。


会員を辞めた後でも返品交換できるの?


返品交換は会員でしかできません。なので返品交換をしたい場合は

①無料体験30日のなかで行う
②1,500円/月のコースに入る


これのどちらかを選ぶ必要があります。


そのほかにもいくつか注意点がありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。



⑤無料体験のデメリット


無料体験を始めるうえでのデメリットがあるんだろうな……それが知りたい


完全無料で朗読された本を1冊ゲットできるAudible(オーディブル)の無料体験にもデメリットがあるのではないかと思うのは当然のことです。

なのでこちらにAudible(オーディブル)の無料体験のデメリットをまとめました。


✔聴き放題ではない
✔30日以内に解約しないと1,500円の支払いが発生
✔最初の1冊がなかなか決まらない


これらのデメリットは先ほど紹介した返品交換制度や、1日でAudible(オーディブル)の登録から解約まで行ってしまう方法を活用すればカバーできます。


最初の1冊が決まらない方はぜひ、この以下の記事を見てみてください。





⑥無料体験のメリット


Audible(オーディブル)無料体験のメリットをざっくりまとめてほしい!


✔忙しくても読書できる
✔返品交換制度を使えば無料で5冊は聴ける
✔無料期間中にやめても必ず1冊はずっと聴ける
✔本は約40万冊の中から選べる
✔スキマ時間の有効活用を体験できる


この記事を書いている僕もAudible(オーディブル)無料体験からオーディオブックサービスのすばらしさに気づきました。


なにより、『聴く読書』でいろんな本を読むことによって、仕事が楽しく憂鬱度が消えました。


『仕事で忙しい人』が仕事に対してもっとポジティブになれるツールです。



今だと無料で2冊GET!
解約したも聴ける!



3.Audible(オーディブル)の無料体験の始め方

Audible(オーディブル)の無料体験の手続きはカンタンにできますので、この記事を参考に進めてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました