『営業の魔法』を読んだら営業が憂鬱ではなくなった【Audibleでの感想】

audible


『営業の魔法』って聞いたことあるけど、いいの?

なにがいいんだ??



皆さんと同じように、この本を読む(聴く)前は僕も「何が魔法だ~?ほかの本と変わらないだろ」と思っていました。


ですが、読んでみたら本当に「魔法」にかかったかのように「営業」という仕事の世界が変わりました。



どう変わったのかというと、



Before

営業なんてつまらん
トーク術とか磨けん
才能無いわ


After

営業めちゃ楽しい
トーク術とかいらないのか
才能なくてもできそうだ



営業の魔法はこんな風に営業マンの僕を変化させてくれました。



1.『営業の魔法』のココがすごい!




このパートでは『営業の魔法』の「スゴイ!!」と思ったところをお伝えします。


『営業の魔法』のスゴイと思ったところ

✔小説形式で読みやすい

✔1章で1つの魔法⇒詳しく記載されていて吸収しやすい


✔主人公を自分に置き換えやすい


✔1つ1つの魔法が明日からすぐに実践できるほど簡単



①『営業の魔法』=小説




この本は小説です。


主人公・小笠原とその師匠・紙谷による営業の魔法の実践レクチャーが物語形式で伝えられます。


物語形式なので読んで全く飽きません。


また、スラスラと先に進めるので、本を読むのが苦手な人でも読みやすいと思います。



②『営業の魔法』=1章で1つの魔法



この本は1つの章で1つの魔法を説明・実践し、読者である僕たちに教えてくれます。


全部で12個の魔法があるんですが、1つ1つの魔法が次の章に繋がっていきます。


なので、最初からしっかり読んでいくことをおススメします。



③『営業の魔法』=主人公を自分にできる



主人公・小笠原は売れない営業マンで、いつもさぼってばかり&仕事が憂鬱な人物です。


実際物語の中でもさぼっている描写や、憂鬱になっている描写があり、営業嫌だな~と思っている人にとっては、「これ自分だ!!」自分と主人公を重ね合わせられます。



そのくらい主人公がリアルなので、物語が非常に自分の中にスッと入ってきます。




④『営業の魔法』=明日から即実践できる



営業の魔法自体、とても簡単でシンプルなものが多いです。

なので、1日1魔法を自分で実践してみるといいでしょう。


僕も1日1魔法を実践したところ、少しずつではありましたが、1か月後くらいには営業に変化が出てきました。(新規受注が増えたり、成約率が上がったり)



話の内容がシンプルでわかりやすいだけでなく、実践しやすいところがこの本の素晴らしいポイントです。





2.Audible(オーディブル)が最高だった!


どんな媒体(=文庫本・電子書籍・オーディオブック)でも『営業の魔法』は最高です。


ですが、そのなかでも僕は、AmazonのオーディオブックサービスAudible(オーディブル)をおススメします。



今だと無料で2冊GET!
解約したも聴ける!



Audible(オーディブル)で読むと



Audible(オーディブル)はこのような点が文庫本よりも優れています!

BGMや効果音があり、物語をより楽しめる!

主人公の小笠原と師匠の紙谷との駆け引きが伝わる


通勤中や家事の間、ご飯を食べながらの読書ができる!



僕はAudible(オーディブル)で何回も『営業の魔法』を聴きました。


聴き終えるまで4時間ですが、速度調整も可能なので2時間ほどでも聴けます。
僕は毎回2倍速で聴いてます



3.Audibleを使って『営業の魔法』を無料でGet!!


Audible(オーディブル)での『営業の魔法』再生画面



Audible(オーディブル)だと現在無料1冊もらえるようになっています。

詳しい詳細は下の記事をご覧ください。


無料体験期間で1冊ゲットでき、かつ、その本は無料体験期間が過ぎ、中途解約しても自分の物としてアプリ上に残り続けます。



これを利用しない手はありません!


詳しく知りたい方は公式サイトへ飛んでみてください



今だと無料で2冊GET!
解約したも聴ける!




タイトルとURLをコピーしました